大崎眼科クリニック

診療内容

一般治療:眼科全般・検診

・緑内障
・白内障
・眼精疲労
・VDT 症候群
・ドライアイ
・老眼

・アレルギー性結膜炎
・花粉症
・糖尿病網膜症
・網膜裂孔
・眼底出血など
・メガネ・コンタクトレンズ処方

各種相談

白内障・緑内障・糖尿病網膜症

当クリニックでは各種医療機器を用いて早期発見を目指しております。特に緑内障、糖尿病網膜症は自覚症状が無い場合が多く定期的な検診での早期発見と適切な治療が必要で、放置すると失明する危険性もあります。より高度な検査や手術が必要な場合は大学病院、専門の医療機関のご紹介をいたします。

VDT症候群・ドライアイ・眼精疲労

近年はパソコン、テレビ、携帯電話、ゲームなどが原因によりVDT症候群・ドライアイ・眼精疲労が増えております。

VDT症候群とはVDT(Visual DisplayTerminal)を用いた長時間の作業から、 目、体、心などに影響のでる病気で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。
ドライアイ、眼精疲労、角・結膜炎などの眼の症状。
肩こり、だるさ、背中の痛み、手指のしびれ、睡眠障害など体の不調。
精神不安、イライラからくる抑うつなど心の不調症状などがみられ、現代の新しい病気とされ、オフィスで増加しています。
当クリニックでは眼を酷使している方に適切な日常生活でのアドバイスと診療・処方をしております。

近年、とくに発症率も増加しているドライアイは「目が乾く」という、はっきりとした症状が出る場合もありますが、「目がしょぼしょぼする」「目が疲れる」「目が熱い感じがする」「目が重い」「目が痛い」「目がかすむ」「視力が下がる」といったような、ドライアイとは直接むすびつけにくい症状が、実はドライアイが原因で起こっていることも、多くあります。
当院では各種点眼、軟膏による治療や、症状の強いドライアイに対しての涙点プラグの治療などを行っております。これらの目の症状でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

アレルギー性結膜炎・花粉症

各季節の花粉などによる、かゆみ、充血などの症状につきましてもお気軽にご相談ください。

メガネ・コンタクトレンズ

メガネ・コンタクトレンズの処方を行っています。
コンタクトレンズは基本的に使い捨てタイプのソフトレンズ(1日交換タイプ、2週間交換タイプ)を推奨しております。詳細はお問合せください。
初めてコンタクトレンズを使用される方は付け外しの練習等が必要になりますので受付終了時間の1時間前までにお越しください。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンにも対応いたします。お受けできない場合もありますので、詳細はお問合せください。